タイでドイツ語!

バンコクのGoethe Institut(ドイツ文学センター)でドイツ語を初心者レベルからスタートしました!このブログでは、学校の様子と、異国で経済的にドイツ語を学ぶ楽しさを共有します!

Goethe-Institut Thailandの施設について

タイのGoethe Institutの施設を紹介したいと思います


ど素人が無料アプリでちゃちゃっと作成したもの(ただ施設を歩いてiPhoneで撮影しただけ笑)
ですが、なんとなく施設の雰囲気がわかっていただけるのではないかと思います!



ドイツ文化センター@バンコク


とても開放感のある施設です!(入口にはドアがなくテクテク入っていける感じ)


最初の建物は、入ってすぐ右手にリセプション(動画には映りませんでしたが)、左手に事務所オフィス(受講登録ができるオフィス)、また右手に図書館、休憩用の小さな庭があって、その後に見える場所が教室です。


次の建物は(こちらも写りませんでしたが)入ってすぐ右手に「Ratsstube German Restaurant」という、シュニッツェルやソーセージが食べられるドイツレストランがあり、その奥の右手にはお菓子が飲料(そして誰が買うんだろうって感じのGoethe-InstitutオリジナルTシャツ)が買える売店があり、その奥はカフェと複数のカフェテーブル、最後にプールがあります。
(このプール、泳いでいる人を見たことがないのですが、「水泳レッスン600Baht」という張り紙をどこかで見かけました!)


ちなみに2番目の建物には最近設置された新しいトイレにはちゃんと使用できるハンドドライヤーもあっていい感じ!(最初の建物のトイレも全然悪くないです!)


余談ですが、タイのトイレって、エアタオルを設置しているくせに使えないケースが多すぎ!!笑 (これ、誰かに共感していただきたい笑)
上からのジェット温風式のドライヤーを見つけ、「あ!ハンドドライヤーだ〜♪」と思いドライヤーに手をかざし、何も起こらず、キョンシーの格好で一人裏切られた感をいつも味わう。。
どうせ動かないんだろうな〜と思いながらも、たまにブォーとなりだす時のラッキー感がたまらないので見かけたら懲りずに試し続けますけどね!笑


さて、この木造の建物が設立された年は不確かですが、Goethe Institut Thailand自体は1960年から活動しているので、恐らく古い施設ですが、ところどころリノベーション・メンテナンスがしっかりとされていて、気持ちよく過ごせてます。