タイでドイツ語!

バンコクのGoethe Institut(ドイツ文学センター)でドイツ語を初心者レベルからスタートしました!このブログでは、学校の様子と、異国で経済的にドイツ語を学ぶ楽しさを共有します!

タイのGoethe-Institutに行ってみた!

実際にタイのGoethe-Institutに行ってみました!


場所はMRT Lumpini駅からゆっくり歩いて10分くらいのところにあります。


タクシーの運転手さんに、「ソイサトーン・ヌン」と伝えれば近くまで連れて言ってもらえるので、あとはグーグルマップを見ながら自分で行けますね!


で、着きました!

鏡越しにバイタクが見えるように、この学校でも、出入口にはバイタクのおじちゃんが待機しています。歩くの面倒な方には本当に便利!
私は家族よりバイタク禁止令が出てるので(笑)使いませんが、ルンピニ駅まで40バーツ位だと思います。


※バイクタクシー(モーターサイ)=バンコクにはオレンジのおじちゃん(たま〜〜におばちゃん)が様々な箇所に待機していて、お望みの場所に連れてってくれます。


エリアはゆったりしていて、(タイはほぼそんなところばっかりですが)少し高級感があっていい雰囲気
Goethe-Institutに入ると、ファラン(欧米人)を何人か見かけましたが、全体的にタイ人の女性が多い印象を受けました。(一般的に女性の方が語学を勉強する比率が高いですもんね!)


施設に入ると、Goethe-Institutに関する相談やコースの申し込みができるオフィスがあります。


タイのイミグレや銀行で見るような、順番待ちの機械もあって、(タイに住んでいる方にはわかると思いますが)順番を呼ぶ時の自動アナウンスの声も一緒!笑


外国人用の、2番目の四角のボタンを押すと、英語で番号が呼ばれます。


で、5分ぐらい待ったあと、オフィスのお姉さんにお話を伺いました。
比較的しっかり英語が話せるタイ人の女性コースの時期や費用等教えてもらいました。
(タイGoethe-InstitutのWebサイトでも色々と確認できます)

「外国人の学生がいるんですか?」と聞いて見ましたが、過去にインド人やマレーシア人の学生が通っていたとのこと。
良かった、なんとなく英語がわかればイケそう・・!


早速申し込むことにしました!


・・・で、肝心の費用


これは私がタイのGoethe-Institutをお勧めする最大のポイントなので、次回じっくりお話させていただきます。