タイでドイツ語!

バンコクのGoethe Institut(ドイツ文学センター)でドイツ語を初心者レベルからスタートしました!このブログでは、学校の様子と、異国で経済的にドイツ語を学ぶ楽しさを共有します!

図書館での出来事 〜ルール厳守〜

最近Goethe-Institutの図書館(Bibliothek)でちょっと面白いことがあったのでここに書き留めておこうと思います。


以前この施設の図書館の紹介にも書きましたが、私は図書館を頻繁に利用しています。
授業開始が午後1時のため、午前10時〜12時位には図書館にいるので、受付の子のシフトや、いつも図書館にきているタイ人のドイツ語学習者、たまに本を借りに来るドイツ人の男の子など…図書館のユーザーの顔がなんとなくわかるようになります。


最近、あるドイツ人のおじさん(推定:65歳)が図書館に通い始めました。


「お!見ない顔だな〜っ!」と思い、いつものくせ(!?)で無意識に観察すると、平日の午前に図書館にぶらついているので、恐らくバンコクで年金暮らしをしているおじさんで(タイ人の奥さんがいるのかも?)ドイツ語の雑誌を読みに、暇つぶしに図書館にきているといった感じ。


図書館には4台ほど大きなテーブルがあり、1テーブルにつき4〜6席用意されています。(小ぶりの図書館ですが、使用者の需要と供給は一致している感じ。)


そのおじさんと1、2度同じテーブルに着いたのですが、雑誌を読んでは眠り、読んでは眠りの繰り返し。で、5分以上眠りにつくとイビキをかく始末。


テーブルの上に置いてある私の携帯のバイブ音がなると目が覚め、何事もなかったようにまた雑誌を読み始めます。(→そしてまた眠るの繰り返し)


ビールの飲み過ぎなのかな、夜ちゃんと寝れてないかな、なんて余計な心配をするのが嫌で、また、私のちょっとした動作や携帯のバイブで起こしてしまうことに罪悪感を感じ流こともあり、そのおじさんが居るテーブルは避けるようになり。。


その日もおじさんは図書館で読む・寝るを繰り返していました。


私はテスト前だったので、誰もいないテーブルで一人で勉強していたところ、4人のタイ人学生が話しながら図書館に入室し、私のテーブルに座りました。
ちょっと嫌な予感はしてたものの、彼らの会話は止まらず、テストもあるので私はササッと別のテーブルに移動しました。


しばらくすると、おじさんが彼らのテーブルに近づき、ドイツ語で「ここは図書館でしょう!話は外でできるでしょう!・・まったく!」的なこと(多分)をプンスカ怒りながら彼らに言いつけ、席に戻って行きました。


「わ〜!びっくり。テーブルを移動したものの、ちょっと助かった〜」なんて思いながら図書館を後にしたのですが、案の定そのおじさん、また寝てる。。。笑
彼らの会話で眠りにつけなかったのがそんなに腹ただし買ったのかな(笑)


自分のイビキはどうなの!?笑っとツッコミたいところはあるものの、「ルール厳守」とよく言われているドイツ人の特徴を改めて実感した出来事でした。


ルールを尊重する点に関しては日本と似ている気がしますが、ルールを守らない人に対してはとりわけ厳しい(ルール違反は注意して全然OK!)という感覚は、他人にあまり干渉したがらない日本人とは少し違いますね。



Goethe-Institutの授業の復習 A1.1 Lektion5

Lektion5:Was is das? - Das ist ein F.


この章では不定冠詞(indefiniter Artikel)について学びました。
英語で言う「a」ですね!(a computer, a book)
ドイツ語の名詞には性別がついちゃてるので、性別によって名詞が変化するといった内容でした!


A: Entschuldigung, wie heißt das auf Deutsch?(これはドイツ語でなんと言いますか?)
B: Das is eine Uhr.(これは時計です)
A: Wie bitte? Noch einmal bitte. (すみません。もう一度お願いします)
B: Das ist eine Uhr.(これは時計です。)
A: Wie schreibt man Uhr?(時計はどうやって書きますか?)
B: U-H-R.(U-H-Rです)
A: Danke.(ありがとうございます)
B: Bitte schön. Kein problem.(いいえ)


私の場合、もしこの会話↑↑をした場合、まだドイツ語のアルファベットに慣れないので、「え?え?Wie bitte?」と何回も聞いて相手をイライラさせてしまいそうなので、すごく親しい人以外にはまだ使いたくない(笑)


時計は女性名詞なので、eine Uhrとなります。
keinも同じように変化。


<Nominativ>
男性単数ein Kugelschreiber、kein Kugelschreiber
中性単数ein Buch、kein Buch
女性単数eine Brille、eine Brille


新しい単語(文章末に記載!)はまたオバマ、メルケル、ベイビー(E.T?)(詳しくは前回の記事)で覚えないと。。!


ちなみにKugelschreiber(ボールペン)はKuliとも呼ばれます。(最初からこっちで覚えたいですが。。!)
同じくPullover(セーター)もPulli。複数形はKullisPullisです。


他の省略語はこんなのもあります。


Uni :Universität、大学
Sozi :Sozialist、社会主義者
Nazi :Nationalsozialist、国家主義者


NaziなんてNaziの方が一般的だし、Soziもあんまり使わないし、使えそうなのはUniぐらい。。?


う〜ん・・これはあまり使えない情報だ!もっとドイツ語の省略語ないかなー!


・・・と思ってgoogleでKulliとPulliをタイプしてみたら、全然関係ないボリウッドスターのKutti Puliという方の写真が。。笑



お〜!なにこの人!と思っていたら彼のこんなビデオにもたどり着いてしまった。。
ネットっていろんな出会いと発見とがある笑。

この動画結構迫力あって面白いので是非見て欲しい!笑

Kutti Puli | Akka Maga video song



<新単語>
Bleistift,e(鉛筆)
Brille, n(眼鏡)
Buch, ⸚er(本)
Flasche, n(ボトル)
Feuerzeug, e(マッチ)
Fotoaparat, e(カメラ)
Kette, -n(ネックレス)
Kugelschreiber, -(ボールペン)
Schlüssel,-(鍵)
Tasche, n(バッグ)


Goethe-Institutの授業の復習 A1.1 Lektion4

Lektion4:Der Tisch ist schön!


家具屋さんでの会話です。今回の内容は特に突っ込むところもない感じ。。かな?笑


Verkäufer: Brauchen Sie Hilfe?(助けが必要ですか?)
Frau: Ja, bitte. Wie viel kostet denn der Tisch?(はい、お願いします)
Verkäufer: Der Tisch Kostet 1478 Euro.(この机は1478ユーロです)
Frau: Das is aber sehr teuer!(でも結構高いのね)
Verkäufer: Finden Sie?(そう思いますか?)
Frau: Ja. Das ist zu teuer. Was kostet die Lampe?(そうね、ちょっと高すぎるわ。このランプはいくらかしら?)
Verkäufer: Die Lampe kostet nur 119 Euro. Das ist sehr günstig. Ein Sonderangebot.
Sie kommet aus Italien. (そのランプは119ユーロです。とても安いんです、プロモーション中なので)
Frau: Die Lampe ist wirckuch sehr schön und nicht teuer.(そのランプはとても素敵だし、そんなに高くないわね)


*Verkäufer=店員
*Frau=女性


今回のキーフレーズは「Wie viel kostet〜? = Was kostet〜?」
「これはいくらですか?」という意味になります。

ドイツ語学習用に作られたものではないのですが、サビで「Was kostet」を言いまくるドイツ語のラップを見つけたので一回聴いてみてください!!
(ドイツ語ラップ!?初めて聴いた笑)

多分これ一回聴いたら「いくらですか?」のフレーズはクリア!!
騙されたと思って是非。笑

DIMA - WAS KOSTET? | OFFICIAL VIDEO HD


名詞の前にくる「der(男性名詞)」「die(女性名詞)」「das(中性名詞)」は「definiter Artikel」と呼ばれるもので、英語の the に当たります。
それを名詞の性と数によって使い分けます。
(もう一度上記の例文の下線のある単語を確認してみてください!)

男性名詞 :der Tisch(机)
中性名詞 :das Bett(ベッド)
女性名詞 :die Lampe(ランプ)
複数名詞: die Tische(机の複数形)


因みに、この男性名詞、中性名詞、女性名詞を覚えるコツをご紹介します。
それは、自分の男性のイメージ、女性のイメージ、中性名詞の何かのイメージをその名詞と結びつけて想像すること。


例えば私は男性名詞は全てオバマ、女性名詞は全てメルケル、中性名詞は赤ちゃんをイメージして単語を覚えています。


画像は中性名詞のdasがE.T.だけど、これでもオッケーだと思います!

例えばスカートという単語は「der Rock」なので、オバマがスカートを履いている姿を想像しながら覚える!・・といった感じです。


この方法、結構効果的ですよー!


<家具>
n) Bett, -en(ベッド)
n) Bild, -er(絵)
m) Sessel, -(一人用ソファ)
f) Lampe, -n(ランプ)
m) Stuhl, ⸚e(椅子)
n) Sofa, -s(ソファ)
f) Couch, -en(ソファ)
m) Tisch, -e(机)
m) Schrank, ⸚e(箪笥)
m) Teppich, -e(カーペット)


*n=neutral, das
*m=male, der
*f=female, die

Goethe-Institutの授業の復習 A1.1 Lektion3

Lektion3:Das ist meine Mutter.


Lektion3も会話が結構面白かったので、今回はシーンの写真を貼っちゃいます。


左男性Herbertと右女性Elviraの会話。

HERBERT: Elvira!(エルビラ!)
ELVIRA: Wer ist das? Ist das deine Frau?(これは誰?これはあなたの奥さん?)
HERBERT: Nein. Das ist meine Mutter. (違うよ、僕のお母さんだよ)
ELVIRA: Deine Mutter? Das ist nicht deine Mutter.(あなたのお母さん?これはあなたのお母さんではないでしょう。。)
HERBERT: Doch.  (君は違ってるよ)
ELVIRA: Sie ist nicht sehr alt, hm?(彼女はそんな歳とってないでしょ?え?)
HERBERT: Doch. Sie ist 74.(そんなことないよ、彼女は74歳だよ。)
ELVIRA: Ach Herbert! Ist das deine Frau?(あぁ、ハーベルト、この人は奥さん?)
HERBERT: Elvira! Bitte!(エルビラ、お願いだよ!)
ELVIRA: Bist du verheiratet? (あなたは結婚しているの?)
HERBERT: Nein, Elvira. Ich bin nicht verheiratet.(違うよ、エルビラ、既婚じゃないよ)
ELVIRA: Nein? ... Oh Herbert...(違う?んもう、ハーベルトったら。。)


Herbertが自分と不倫していたことに気づき、傷つく可哀想なElvira..
Herbert、なんてAssholeなの!!!
ドイツではこんなことが日常なのかしら・・?


さて、「Welche Sprachen sprichst du?」(どの言語を話しますか?)についても学びました!


Easy Germanは道行く人とインタビュー形式で会話をしたものを集めたチャンネルで、カジュアルなドイツ語に触れることができるチャンネル。


「Welche Sprachen sprichst du?」にぴったりのビデオがあったので共有しまーす!
途中で日本語も出てきますよ〜!
(各単語の意味は、Welche=which,  Sprachen=languages,  sprichst=speak, du=you)

Which languages are you learning? | Easy German 73


Sprechenの活用は不規則なので注意。
-----------------
ich - spreche
du - sprichst
er/sie - spricht
wir - sprechen
ihr - sprecht
Sie - sprechen
-----------------


<家族>
Vater,⸚(父)
Mutter, ⸚(母)
Eltern, pl(両親)
Sohn, ⸚e(息子)
Tochter, ⸚(娘)
Bruder, ⸚(兄、弟)
Schwester, -n(姉、妹)
Geschwister, pl(姉、妹の複数形)
Großvater, ⸚(祖父)
Großmutter, ⸚(祖母)
Großeltern, pl(祖父母)
Enkelin, -nen(孫娘)
Enkel, -(孫息子)
(Ehe)Mann,⸚er(夫)
(Ehe)Frau, -en(妻)

Goethe-Institutの授業の復習 A1.1 Lektion2

Lektion2:Ich bin Journalistin.


Lektion2でちょっと面白かったのはこの会話。
Audio CDを聴きながらの会話なのですが、設定がクラブ。さすがヨーロッパ!


クラブで、男子Aが女子Bに声をかけてみるものの、女子Bが完全にあしらう会話。


20代男子AHello..! Super Music, was?(ハロー!この音楽いい感じじゃない?)
        ahm...wie heißst du? um....wie alt bist du? (え〜と。。名前はなんていうの?・・・ん〜。君は何歳なの?)返答がないが諦めずちょっとしつこくきく男子B。


20代女子BIch bin 25.(25歳よ。)冷たく返す。


20代男子AHey, super! Ich bin auch 25.(マジで、僕も25歳だよ!)はしゃぐ。


20代女子BSo?(あ、そう?)全く興味なさそうな反応。


20代男子AUnd wo wohnst du?(何処に住んでるの?)またしつこく。


20代女子BIch wohne in Berlin.(ベルリンに住んでるわよ)面倒臭そうに返答。


20代男子AHey wow!! Ich whone auch Berlin!(ワオ!僕もベルリンに住んでるよ!)


20代女子BAch ja?(ああ、そう?)また面倒臭そうに返答。


20代男子AJa, ich bin 25 und ich lebe in Berlin. (そう!僕も25歳で、ベルリンに住んでる!)面倒臭い感じにはしゃぐ。


20代女子BUnd wie heißst du?(それではあなたの名前は?)ようやく質問し返す。


20代男子AIch heiße Sven Jensen Johann!(僕の名前はスベン・ハンセン・ヨハンだよ!)ようやく自分に興味があるのかと思い嬉しそうに返答。


20代女子BHey, toll! Ich heiße auch Sven Jensen Johann.(えーマジでー、私の名前もスベン・ハンセン・ヨハンだよー。)


20代男子AWas....?(え。。。!?)女子Bに完全にあしらわれているのに気づかず、「こんな偶然ってあるのか!?」と本気で考え込む男子A.


終わり。笑


この授業ではドイツ語の数字も学びました!


ドイツ語の数字の言い方ですが、0から20の数字は何度も発音して覚えればOK
それ以降は、規則的な読み方になります。


ちなみに、子供向けだと思いますが、機械音のハーモニーがいい感じの音楽(笑)が下記のリンクから聴くことができ、20回位繰り返せば覚えると思いますw
私と同じくビギナーの方、頑張れ!笑 

♫ GERMAN Numbers Song 1-20 ♫ Zählen von 1 bis 20 ♫ Zahlenlied ♫ Zahlen Lernen


<注意>
- 21からは、1の位を先に読むこと。
-
16 は 「sechszehn」ではないこと。sは不要。60も同様。
-
17 は 「siebenzehn」ではないこと。enは不要。70も同様。
-
30 = dreißigの、30番の「ßig」に注意。

あとは、職業の紹介に関してはこんな感じです。


Ich bin Historikerin.(私は歴史家です。)
※語尾にrinがある場合は女性の場合
Ich arbeite als Google.(私はGoogleで働いています。)
Ich habe einen Job als Google. (私はGoogleで働いています。)


ドイツ語は女性、男性の語尾が違うので覚えることが多いですね。。!
頑張らないと・・!


<職業>
Ingenieur, -e(エンジニア)
Ingenieurin, -nen
Mechatroniker, -(整備士)
Mechatronikerin, -nen
Schauspieler, -’(俳優)
Schauspielerin, -nen
Student, -en(学生)
Studentin, -nen
Journalist, en(ジャーナリスト)
Journalistin, -nen
Friseur, -e(美容師)
Friseurin, -nen
Architekt, -en(建築士)
Architektin, -nen
Arzt,  ⸚e(医師)
Ärztin, -nen
Sekretär, -e(秘書)
Sekretärin, -nen
Lehrer, -(先生)
Lehrerin, -nen
Verkäufer, -(店員)
Verkäuferin, -nen
Kellner, -(ウェイター)
Kellnerin, -nen